English仙台で自分発見の旅を支援する、株式会社たびむすびの会社概要・アクセスマップについて

3.11オモイデツアー〜古地図と地名で知る仙台市沿岸部のまち

3.11オモイデツアー〜古地図と地名で知る仙台市沿岸部のまち

★地形、地名、地図、そして地元の人々のオモイデから浮かびあがる、まちのイメージを体感するツアーです。★


[10月28日(日)発・3.11オモイデツアー]

仙台市沿岸部は津波により大きな被害を受け、さらにその後の更地化などにより、もともとあったまちの暮らしは見えにくくなりました。

しかし、悠久の時を経て作られてきた「地形」や、災害の警告・生活の知恵が記された「地名」、それらを可視化した「地図」、さらに地元の人々の「オモイデ」に触れることで、まちの輪郭ははっきりと浮かび上がってきます。

今回は、日本地名研究所理事で地名研究家の太宰幸子さん、元仙台市博物館市史編さん室長・郷土史家の菅野正道さん、おふたりの豪華ガイドで、地形、地名、地図から仙台市沿岸部の歴史をひも解きながら、地元の方々が語る生活のオモイデとともに、かつての暮らしを体感していただける特別なツアーをご用意しました。

地元の方々とツアーの参加者同士が、大切なオモイデをもとに交流が深められるような「ウォーム・ツーリズム」をめざすツアーです。沿岸部に何度か足を運んでいる方も、初めての方もお気軽にご参加ください。

企画:3.11オモイデアーカイブ
3.11オモイデツアー実施協力者一覧
太宰幸子さん(地名研究家)、菅野正道さん(郷土史研究家)、長沼俊幸さん(閖上の震災語り部)
貴田喜一さん(荒浜在住)、佐藤豊さん(荒浜在住)
旅行催行・実施:(株)たびむすび
__________________________

旅行代金
7,500
__________________________



概要

[注意事項]
※画像はイメージです。
※行程は事情により変更となる可能性がございます。
※最終のスケジュールについては、出発前にお送りする「最終案内書」をご覧ください。
※お申込の際にいただいた個人情報は、旅行手配の手続きに必要な範囲内で利用させていただきます。
※このほか、当社が旅行や各種ご案内等に使用させていただく場合がございます。
 
旅行種別 募集型企画旅行
名称 3.11オモイデツアー〜古地図と地名で知る仙台市沿岸部のまち
出発日 2018年10月28日(日)日帰り
旅行代金 7,500
定員 40名様(最少催行人員30名様)
添乗員 ガイドが同行します
料金に含まれるもの 貸切バス代金、ガイド料、昼食、保険料
料金に含まれないもの 自宅から集合・解散場所までの往復交通費、
その他個人的な費用
集合時間 8:15
集合場所 仙台駅東口団体バス乗り場
行程 仙台駅東口 → 閖上朝市(ちょい食べ・買い物) → 日和山(長沼さんのお話しを伺う) → バス車中にて、太宰先生の地名講座を開催 → 荒浜小学校(見学) → 荒浜ロッジ(菅野さんの歴史講座)
→ 荒浜ロッジにて昼食 → 荒浜を、豊さんとまちあるき → 荒浜ロッジにて、オモイデを語る会 オモイデアーカイブのメンバーと荒浜の地域のみなさんとが語らう場 → 仙台着

※行程は事情により変更となる可能性がございます。
お申し込み期間 2018年10月24日まで
支払方法 銀行振込
(お申込み後に、振り込み先をお知らせいたします。事前にお振込みください。)

予約カレンダー



ResearvedCGI©CopyRight chama.ne.jp